まちづくりの目標

「白金コミュニティの再編」安心して快適に暮らし続けられる、やすらぎとゆとりのあるまち

本地区は、以下の目標を掲げ、街区再編と土地利用の整序・集約化を図ることにより、定住性の高い良質な居住機能を中心とした、生活都心にふさわしい安全で快適な複合市街地の形成を図ります。併せて古川に隣接する立地を生かした潤いのある都市空間を創出します。

1.良好な都心居住の推進 定住人口を増やすことで地域のコミュニティを活性化する

定住人口の増加に寄与する都市型住宅の供給とともに、土地の高度利用を図りながら、生活利便施設や地域の様々な交流を促す交流広場の整備等、質の高い居住環境整備を行うことにより、利便性が高く、暮らしにゆとりのある都心居住の推進を図ります。

基本方針

①多世代にわたる定住人口の増加に寄与し、地域商業等の幅広い地域の活性化につながる「住宅」の整備
ファミリー世帯等を対象とした定住性の高い住宅形式を中心に、単身者や高齢者等の多様な世代にも対応する「都市型住宅」を整備する。
②地域の利便性を向上させ、暮らしを支援する「生活利便施設(商業・病院・子育て支援・集会所)」の整備
住宅地としての生活利便性を高めるため、商業施設、病院、子育て支援施設、災害時の帰宅困難者も受け入れられる集会所等の「生活利便施設」を整備する。施設の詳細(位置・規模等)については、区の関係各課との調整を図りながら、適切な整備を行う。
③地域の様々な交流を促し、暮らしにゆとりを創出する「交流広場」の整備
地域に不足するオープンスペースを創出するとともに、居住者はもとより地域の交流・憩いの場となる「交流広場」を整備する。

2.既存都市機能の維持・更新 既存の都市機能を維持・更新することで従来からのコミュニティ・産業を維持する

地域に密着した都市型産業を支える既存の事務所や工場等の既存都市機能の維持と機能更新を図るとともに、それらの機能と居住機能が調和した市街地の形成を図ります。

基本方針

①既存都市機能としての「事務所・工場」の整備
地域に密着した都市型産業を支える既存の「事務所・工場」の機能更新を図る。

3.安全で快適な都市基盤の形成 都市基盤を充実することで地域の暮らしやすさを向上させる

道路の拡幅や歩行者空間の拡充、電線類の地中化、防災機能を備えた広場等の整備を行うことにより、地域の防災性や交通利便性の向上を図るとともに、敷地内の積極的な緑化を進めることにより、環境にも配慮した安全で快適な都市基盤の形成を図ります。

基本方針

①地域交通の安全性・円滑性の向上させる「地区幹線道路」の整備
地区内外の交通の円滑化と安全性の向上を図るため、「地区幹線道路(大久保通り:区道840号線及び南側道路:区道292号線)」を拡幅し、地区幹線道路としての整備を行う。
②地域の回遊性を創出し、安全で快適な「歩道状空地」の整備
歩行者の安全性及び快適性の向上を図り、地域の回遊性を高める「歩道状空地」を地区幹線道路沿道に整備する。
③道路空間の安全性と景観を向上させる「電線類の地中化」
地区内外の安全性と景観の向上を図るため、道路対岸を含む地区幹線道路沿道の「電線類の地中化」を行う。南側道路の対岸側については、区の関係各課との調整を図りながら、沿道地権者の合意形成を踏まえた整備を行う。
④地域の安全性を向上させる「防災機能を備えた広場」「防災倉庫」等の整備
災害時には地域住民や帰宅困難者の一時集合場所にも利用でき、地域の安全性の向上に資する「防災機能を備えた広場」を新設するとともに、地区内の住民及び地域住民のための「防災倉庫」、かまどベンチ等、被災後の生活維持に求められる防災施設を整備する。施設の詳細(位置・規模等)については、区の関係各課との調整を図りながら、適切な整備を行う。

4.ゆとりと潤いのある水辺空間の創出 水辺空間を整備することで地域にゆとりと潤いをもたらす

古川に隣接する立地を生かし、古川沿いに緑あふれる歩行者通路・公園・公共空地を整備し、古川へのアクセス性を高めるとともに、古川の水辺のモデルとなるゆとりと潤いある水辺空間の創出を図ります。

基本方針

①大久保通りと古川の歩行者結節点を生かした「公園」の整備
大久保通りと新たに整備する古川沿いの歩行者通路との交通結節点を生かし、地域住民が古川を身近に感じることができる「公園」を整備する。
②古川沿いの緑あふれる「歩行者通路」の整備
古川に隣接する立地を生かし、古川沿いには都市生活に潤いを与える緑豊かな「歩行者通路」を整備する。
③古川の水質浄化活動の実施
古川の水質改善を促進するため、微生物の働きで水質を浄化するバイオ製剤等を使用した水質浄化活動を実施する。
④安全性の向上と水辺の修景に配慮した「護岸改修」への協力
東京都が実施する河川事業と連携し、再開発事業区域内での工事スペース等の確保や緑化等の修景に配慮した「護岸改修」への協力を行う。
⑤水道局用地と連携した緑豊かな「公共空地」の整備
水道局用地と連携し、水道施設としての機能は維持しつつ、局用地内の余剰スペースを緑化することにより、周辺の緑と一体となった緑豊かな「公共空地」を整備する。

組合事務所所在地

住所
〒108-0072
東京都港区白金一丁目3-2
ハイマート白金502号
TEL.
03-3473-7865
FAX.
03-3473-7875

アクセスマップ