ごあいさつ

白金一丁目東部北地区市街地再開発組合 理事長 押見 裕司

私が生まれ育ちました白金一丁目は、住宅と中小の工場が共存する、いわゆる下町的な人情味豊かな街でしたが、2000年の地下鉄「白金高輪駅」の開業や2005年の白金アエルシティの完成で駅前が整備される一方、ワンルームマンション等も数多く建てられて、家族が安心して子育て出来るとは言い難い住環境になるのではないかと危惧しておりました。

また、当地区は、白金高輪駅に近い位置付けでありますが、道路は狭く緊急車両の通行も容易でないばかりか、古川の増水など課題をかかえた地区となっております。

このような諸課題を解消しようと、「白金コミュニティの再編」をテーマに「安心して快適に暮らし続けられる、やすらぎとゆとりのある街」の実現にむけ、2004年に有志で新しいまちづくりに向けた活動を開始し、現在まで取組み活動を継続してきました。

その後、2009年10月に「準備組合設立」して、具体的なまちづくりの取組みをスタートし、2013年7月には「都市計画決定」を経て、2015年5月に正式に「組合設立」に至りました。

これからは、組合員の皆様と一緒に、私ども理事及び監事一同も更なる決意で全力で取り組んでまいりますので、納得できる「まちづくり」を一緒に造り上げていきましょう。

今後とも、組合員の皆様の温かいご支援とご協力をたまわりますよう、お願い申し上げます。

組合事務所所在地

住所
〒108-0072
東京都港区白金一丁目3-2
ハイマート白金502号
TEL.
03-3473-7865
FAX.
03-3473-7875

アクセスマップ